2 – 必要な期間と結婚の日

プリケーションフォームとガイダンスを読んだ週末。
早速どんな資料が必要かをPick Upして
セイラマン(彼)に雇用証明にあたるようなレターをお願いしてもらったり
給料明細を引き出しの奥から発掘してもらったり…。
あぁ、頑固オヤジ(HO)を説得するのって
面倒くさっ。
ただ、フィアンセとして戻る場合、
日本でのエントリークライアンスが必須。
念の為、3ヶ月の猶予を見るとして…。
えぇー、3ヶ月も日本で暮らすの?
美味しいモン食べたり
久しぶりに親戚やお墓参り
友達にあったりで
それなりに忙しいのには違いない。
だけど、それなりにヒマでしょ。
お金使うばっかで…。
しかもこっちに戻っても結婚VISAに
切り替えるまでは働けない。
お金無くなるじゃんよぉ~。
しかも次のVISAの切り替えを考えると
セレモニーは真冬の2月…。
準備とその間にロスするお金を考えると
もうちょっと時間が欲しいトコ。
離婚して間もないから
そういう意味でも時間をおきたいところ。
学生VISAを2年使い切ってしまった今となっては…。