日本語上手な公子さんのダンナ様。

先日の続き。
で、ここで伊達クルム公子さんと関係ないけど
ダンナ様にあたるマイケルのネタです。
『みゆき、日本語間違ってる。』と
指摘された事があるぐらい日本語上手な彼である。
ミーティングも日本語でOK。
でも、堪能といえど日常単語や
レースの専門用語でもない単語は
知らなくても不思議はない。
サーキットの観客席に張られた
『*****選手、音速の貴公子』と書かれた横断幕をみて
マイケルが
『ナゼ*****が公子なの?
公子はボクの奥さん。』
って。
それはみんな知ってるから心配するな…。
それに、その単語。
『貴』を飛ばしちゃいかんって。
しかし、あたしがバツイチになった時
『みゆき、結婚してたの?
ずっと寂しい人だと思ってた。』
って言ってみたりで
知ってる単語は使い方も正しいのである…。 (;-_-)
 
『苗字、逆バージョンで
“伊達マイケル”ってのも格好良くね?』
 のクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ 人気ブログランキングへ 
マイケルからクレーム来たら記事削除!ま、彼が読んでるわけ無いけど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中