イギリスでの家計簿

ワタクシ、独身の頃から家計簿をつけております。
まぁ、もちろん、そんな昔のは残しちゃおりませんが
ノートに手書き、家計簿ソフト、Excelと
色々変化しながらつけてきました。
日本の時と何が違うか、というと
1、小数点以下2位まで(ペンスまで)つけれる
  日本の家計簿ソフトはないし
  イギリスのフリーソフトは探した事がない。
2、カード(クレジットカード、デビットカード共に)精算が多い
という事。
上記の点を踏まえ、出来るだけ簡単に
ズボラーなあたしが管理できる方法は…となると
バンクステートメントやカードのステートメントを
ダウンロードしてそれを活用する、という形になるわけです。
以前はDLしたデーターの横に項目を書いて
ピボットテーブルで集計していたのですが
集計は出来ても見直しをする時に分かりにくいなぁ、と
ずーっと思ってました。
そこでここ最近、会社から帰ったら
Excelさんでチマチマと家計簿作成。
Excel大好きなんで、全く苦になりません。
楽しいのでマクロを組もうかと思っていたけれど
とりあえずマクロなしで作ってみて
使い勝手次第で変更を加えて行こうかな、って。
そんな家計簿作成。
1、出費項目の見直し
2、何を一目瞭然で見えるようにしたいか
3、詳細を追いたい時に簡単にピックアップできるか
4、自分のPCでスクロールせず見える範囲
5、もしプリントアウトする事があってもA4サイズで
6、自分で入力する量は最小限に
7、マウスとキーボードの持ち替えを最小限に
このあたりから考えてとりあえず叩き台を作成。
項目の英語名はスペル含めて間違ってるかも…。
使うのは自分だし、とりあえず叩き台なのでご勘弁を。。。
130330kakeibo1.jpg
(クリックで大きくなります。)
以前のよりはパッと見て見やすくなったれど
まだ改善点もある。
とりあえず、これがあたしのPCでスクロールなしで見える範囲で
シートのタブが黄色のところはそれぞれ
クレジットカード、銀行なんかの口座別になってます。
A 一ヶ月の収支合計
B 白で塗られているとこが黄色のタブの名前と同じで
  今の我が家の全てのトータルが分かるように。
C 一ヶ月の大項目の合計
D それぞれの小項目まで。プラント比較で。
  DLされたステートメントの横に
  Dと同じCate2の項目を入力すればOK。
K~Mの列はスクロールしないと下まで見えませんが
Cで合計が見えているので、ま、いいか…と。
基本、前月のシートをコピーして
シート名とA1の日付を変える事で準備ができます。
現金? 現金ってほとんど使わなくないですか?
例えば£20おろして
£10外食、£3バス、とその残りとするならば
ステートメントの現金をおろしたところの下に
2行追加して同じ日付を書き£20分を3つにわけて
Cate2の名前をそれぞれ記入してます。
(のこった現金は小遣い扱い。)
結構小額でもカードが使える国なので
出来るだけデビットカード支払いにして
ダウンロードで管理できるようにしています。
デビットカードだと2,3日中に決済なので
借金の心配がなくていいです。
そして、一年の集計として2013のシートがコレ。
(ごく普通です。クリックで大きくなります。)
130330kakeibo2.jpg
毎月シート作成時に2行目の名前で作成すると
*の代わりに合計金額、その月までの平均もちゃんんと表示されます。
この後、グラフを作るとか色々楽しんでもいいかと思ってますが
それは追々使い勝手を見ながら変えていこうかなって。
皆さん、家計簿ってつけてますか?
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ 人気ブログランキングへ 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中