タータン(チェック)の着物とスコットランド

格子柄?チェック柄?の着物を着ていらっしゃる方もいると思います。
一言でチェックと言えど色々な色・パターンがありますよね。
そこで、チェックと言えば、スコットランドの民族衣装のキルト。
セイラマンの家系はスコットランドの血を引いていて
彼のファミリーにも認められているタータンがあります。
*タータン(tartan)は、スコットランドのハイランド地方で発達した
特徴のある格子柄のこと。 by Wikipedia
何でも彼の家族が着用してもいいとされるタータンが
3種類ぐらいあるらしく(一家系に一つではないらしい)
そして同じ名前のタータンでも、これまた
Hunting TartanやDress Tartanなどと色々ある。
私もよく知らないので、各自ググって下さいませ…。(笑)
先日、セラパパの叔父に当たる方が100歳の誕生日を向え
ちょっとしたパーティーがスコットランドありました。
写真を見せてもらうと出席者の男性はキルトであったり
女性はショールをまとっていたり。
どうやらセラママは3種類ほどあるタータンの中でも
MacDonald、その中のAncientと言うのが一番のお気に入りらしく
色々聞いても『でもこれが一番好きなの』という事で
それ以外のインフォメーションはいつもあまりありません。(笑)
そう言えば結婚して暫くしてからセラママがくれたマフラーも
このお気に入りのMacDonaldのAncientでした。
150215.jpg
で、ワタクシですね、セラママが好きというこのタータンで
帯が欲しいなぁと思っています。
初めは着物と思っていたのですが…
えぇ、帯で。
ぶっちゃけ似合わない色だと思うし…。(笑)
この柄が全身にあると濃すぎると思うので…。
着物でなく、帯で…。
生地を買う事を考えたら、二部式の付け帯で。
タータンと共に、クレストというマーク?シンボル?みたいなのがあるので
家紋の変わりに着物にそのクレストとか。
150215 crest
(画像は下記からお借りしました。)
http://www.scotclans.com/scottish_clans/clan_macdonald/crest.html
ちょ…、ちょっとアグレッシブな感じですよね…。
6月に彼の大学時代の友達の結婚式が
スコットランドであるのですが
セイラマンがキルトを着ようかな、と言いだして…
何? 早速欲しいやん!と思ったのですが
でも、 キルト = 正装
タータンの帯とそれ似合う着物 = それは着物としては…カジュアルだよなぁ。
ちょっとバランス取れないなしTPOとしてダメかなぁとか
予算も考えずに勝手に色々と思いをめぐらせていたんですが
どうやら、その友達もスコットランド出身だけど
キルトを着ないらしいのでセイラマンのキルトも却下。
ここでもやはり主賓を立てるという事ですね。
でも、いつかセイラマンがキルトを着る時に
私は着物で同じタータンの帯、
着物には家紋の代わりにクレスト付きで同席できたら…
ちょっと素敵じゃない?!!!
と、思うのでありました…。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ
どうでもいいけど、破壊してしまった…。
来週金曜日、髪をアップにする時のアイテムがなくなった。
ど…どうしよう…。
150215 2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中