名前は立派なイギリスの収納アイテム – 帯揚げの収納

キッチンにしても、引き出しにしても
イギリスには日本の百均で売ってるような
便利に使える収納アイテムってあまりありません。
いや、あるのはあるけどこういうケースで£3.99。
150322-1.jpg
(£1=170円で約670円)
この価格! 一気に買う気が失せるでしょ。
MUJIもあるけれど、やっぱり高い。
今まで帯揚げと帯締めはこんな木の箱↓↓に入れていました。
150322-2.jpg
ほら、よく帯揚げと帯締めのセット販売とかで
使われているような木の箱。
箱が壊れてきたのもあって
何とかもっと使いやすく収納できないものか?と
色々チェックしてみるも
皆さんの『こんなふうに収納してます!』 が
自分にとっては面倒だったり
収納アイテムに関して日本から遅れを取っているイギリスでは
皆さんが使ってるような箱や仕切りが手に入らなかったりで
なかなか自分で出来そうな満足な物が見つかりません。
色々考えて、A4書類用の
ほんのすこしだけ深めの引き出しが欲しいなぁと思ってたのですが
いい深さの引き出しと思うと、こんなカラフルだったり。
150322-3.jpg
(しかも£50 、上と同じレートで計算すると8500円)
高いですやん。 そして違いますやん、白一色がええんですって、と思うと
ナゼか白は引き出しが11段もあったり…。
(足袋と半襟を入れたとしても8段もいらないぐらいなのに…)
そこで『とりあえずコレを使って様子をみるか』という
価格もサイズも妥協できそうなもので手を打ちました。
その名も”Really Useful Box “である。
150322-4.jpg
もぉ~何やねん、そのネーミング…。
Really useful products Ltdの商品です。
150322-5.jpg
そのまんまやん…
あ、いや。ちょっと待て。
もしかして、ホントにReally Useful Boxかもしれないと
名前の通りかかどうかを検証してみることにし
とりあえず帯揚げをIn。
150322-6.jpg
う~ん…。まぁ…それなりに役立つ。(笑)
透明で見やすいが、直射日光の当たらない場所におかないとね。
そして、箱を重ねて収納し、次に下の箱を出そうとすると
ズボラーな私はついつい『えいっ!』と引っ張り出すのですが
蓋にはきちんと積み重ねられるように凸凹がついていて
それがいちいち引っかかりイラっとするワタクシです…。
やっぱり引き出しタイプがいいのかなぁ。
使い勝手が悪ければ、そのまま書類とか説明書入れとして
使えるので許容範囲としておくデス。
そして、当然、書類を入れても蓋の凸と凹により
イラっとし、そのうち箱が雪崩を起こす事は間違いないのだが…。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中