着物について教えて。 – 英語のSpeakingテストを思い出した

火曜日に有休を取って着せ付けのボランティア行ってきました。
美術館で行われるイベントの為の着せ付けで
私もそのまま着物でイベントのお手伝いです。
まぁ、着せ付けの話はおいといて…。
イベントに参加して下さったイギリス人が
着物にも色々と興味を持って下さいました。
そこで『着物について何か教えてくれる?』と。
え?! 範囲広すぎっしょ!!
『例えばどんな事?』と聞いても、『何でもいいの』と。
状況は…。
お子さん二人連れ(一人はベビーカー、もう一人は2歳ぐらい?)。
でも、お子さんはもう帰りたい様子。
相手は女性、Non-Japanese
着物については日本の昔からある服で、昔はみんな毎日着ていた
という事ぐらいはご存知でしたが
日本についてもちょっと興味がある感じだけどほとんどご存知ない感じ。
制限時間は…お子さんが帰りたがってるので5分とみた。
さぁ、あなたなら何を話す?!
ヨーイ、スタート!!
チッチッチッチッ…(←時計の音)
******************
他の国の人がいると自分の国について聞かれるってあるでしょ。
文化だけでなく、人口とかそんな事もイロイロ。
恥ずかしい事に知らない事も多いけれど
着物は好きだ、着物の事ならほんのちょっとは知ってる。
でも、好きだからこそ言いたい事もいっぱいあって困る…。
ほんのちょっと知ってるからこそ
語り切れないほど奥が深いのも分かってる。
レクチャーとかなら事前に準備も出来るしトピックも絞れるし
5分以上あるだろう。
(でももっとプレッシャーがあるので難しいけど…)
いやー、もうね、随分前の英語のSpeaking Testを思い出しましたよ。
『今から紙に書かれたトピックについて3分間話せ。』みたいな。(笑)
結局、私が話したのは…
昔は皆毎日着ていた、というのはご存知だったので
『毎日着るには自分で洗えないと困る』から始まり着物の素材には
シルク、コットン、ウールなんかもあるとい事、
祖母や母が着た着物をお直し・染め直しして受け継げるという事、
その日着ていた小紋の話から着物にも洋服のようにランクがあるという事、
帯は3m50cmぐらいの長さのものを巻きつけてお太鼓の形も作るという事、
今は着物を着る人がすごく減っていて
日本人でも着物は特別な日のものと思ってる人が多くてちょっと寂しいと。
こんな感じだったかな?
結局は5分ちょい立ち話したけれどホントにどれもザックリと。
知り合ったNon-Japaneseの方に着物について聞かれたら
さぁ、あなたなら何を話す?!
着物を着ない方、興味のない方が聞かれたら何を答えるのかも
是非聞いてみたいところですね。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中