黄八丈とスコットランド

以前にスコットランドのキルトの話を書きました。
こちら ↓↓
http://1128miyuki.blog28.fc2.com/blog-entry-624.html
*リンクを読んで頂ければ
ちょこっとお分かりいただけるかと思いますが
タータンとはスコットランドのキルトなどに使われている
格子柄の事です。何種類ものパターンがあります。
先月、単の黄八丈を着て会社に行きました。
こんな着物でした。
150904 w36
その金曜日、黄八丈を見た同僚が
『これってスコットランドのタータン?キルトの?』と。
へ?? いやいや、これは格子柄でございますわよ。
豚に真珠、みゆきさんに黄八丈の黄八丈でございますわよ。
八丈島の黄八丈、秋田県の黄八丈でございますわよ。
151008.jpg
『日本にもこんなタータンがあるの?
昔からある柄なの?』
格子柄なんて昔っからある、っちゃー、あるよね。
別に西洋かぶれして出来た柄じゃないだろう?
横糸と縦糸の織りなす技とでも言おうじゃないか。
鶴が恩返しのために、パッタン、パッタンと織った頃だって
縦糸と横糸の色をいくつか変えれば格子柄だろう?
格子柄とえば 翁格子や三筋格子、市松模様もあるぞ。
日本人からすれば、時代劇を思い起こしそうなこの着物ですが
イギリス人の彼女の目からはスコットランドのタータン。
まぁ、どちらも格子柄っちゃー、格子柄ですが
ちょっと ほほぉ~ん と思った。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中