やっと日の目をみた何十年も前に祖母が仕立てた帯

英国着物倶楽部 – UK Kimono Club in Oxfordはこんな帯でした。
お太鼓にドーンと折り目がついていますが、仕付け糸を取ったのは前日。
16.06.05_02_1
前はこんなの。
16.06.05_01_1
祖母が叔母の為に仕立てたのですが、その際に『こんなん仕立てるつもりなかった。高かった。』と言われたらしく、それを聞いていた叔母は『これ高かったんか…』と思い、そのイメージが強く使えなかったらしいです。それを仕付け糸がついたまま譲り受けたのですが、その話を聞いていたもんだから、この着物に合うよなぁ~と思いつつも私も『そうか、高かったんか…。』と思ってなかなか使えませんでした。(笑)
もう、帯がどうのこうのより『高かった』の一言が受け継がれた我が家系…。ザ・大阪?

何でもそうだけど、例えば買うつもりが無ければ1000円でも高いと思うし、欲しいと思えば1万円でも安いと思えるものがある。だから正直なところ祖母の『高い』はどれぐらいだったのかは分かりませんが、どっちにしろ、この着物にはよく合ってるかなーと。
祖母へは『高いのを仕立ててくれてありがとー』、叔母へは『今まで使わずにいて綺麗なまま持っていてくれてありがとー』と二人に感謝です!

おばーちゃん。 高くても安くても使ってナンボ!
この帯、やっと日の目をみたよ~♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中