チクPro Ver.0 布購入と水通し

ちくProのVer 0は洋服の生地でやってみるって事で布を買いに行きました。

Oxfordで同じ未年の日本人女性の会、“子羊の会”
そのグループLINEに『布買いたい!布屋さん情報求む!』って投げかけて、その情報をもとに友達と布屋さんへ。

  1. ちょっと日本チックな布も売ってますが、エセJapanチックなので却下。
  2. 透けて見えそうなのは面倒なので却下。
  3. 切ったり縫ったりとゆがむ可能性大なので、縦横のラインがきっちりしすぎているものは却下。
  4. 小さい柄はゴチャゴチャ”忙しい”ので却下。
  5. 浴衣と思っていたけれど、単の綿着物の方が長く着れるので、あまりにも”夏”という柄は却下。
  6. 綿100%が良い。

…と言う事で、決定。

まずは水通しって事ですが、どれぐらい縮むかなと思って
洗う前に大まかに4つに折って測っておきました。

<BEFORE>
(色は上の写真が一番近い色です)

<AFTER>

だいたい1mにつき約2cm縮みました。
あれ?布足りるかな??

さぁ、次は切るぞ!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

チクプロ 必要な物

チクプロに向けて色々買いました。
えっと、まずは…
1-老眼鏡。

これがないと始まらない…。(笑) とうとう、デビューです。

2-針に糸を通すもの。
(名前がわからない。)

3-指ぬき。
イギリスには皮でリング状になっている指ぬきって、ほとんど売ってない。見つけた!って思ってポチったら、アメリカからで到着が月末に。だから皮屋さんで端切れの皮を入手し、切って作ることにしました。

どちらかクリックして頂くと、アメリカから早く届くかも?!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

チクプロ本番に向けて。前振りプロジェクト

チクプロはあくまでも、和裁のやり方で浴衣を縫うという事。
正直、物によっては縫物はミシンでも良いと思っているけれど、あくまでもチクプロは和裁の手縫いにこだわる。
今のところ、作る事が目的ではなく和裁の手縫いでチャレンジする事が目的である。

そこでチクプロには教えてくれる人、師匠が必要よね。
YouTubeもいいけれど、やっぱり手取り足取り!

ありがたい事に叔母が和裁士。+私は今年の年末は予定もなく日本に帰ります。
おばちゃん、集中で教えて下さい…。オネガイシマス。。。

ただ、そもそも、私の体が長時間『縫う』という動作に耐えられるのか…。
と言う事で、まず、洋服の生地を買ってチャレンジしようという
チクプロに先立って、壮大な前振りプロジェクトの誕生である。
題して…なに? えーっと…。チクプロVer 0?
うん、そうしよう。そして作品ごとにVersion Numberを上げていく。
(0で終わるか…も…?)

…とは言うものの、幅広生地だとパーツに切った時の端の処理がハンパない。
反物にはない作業なので、ココだけはミシンでなんとかしたいと思うけどなぁ…。

どちらかクリックして頂くと、やる気がUPするかも?!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ